プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

魂の夕べ

6/9は待ちに待った日でした。
というのは、私が愛して病まない『鼓童』がいわき公演に来てくれたのです
鼓童というのは、和太鼓を中心とした演奏を行う音楽集団です。
鼓動のツアーは“ワンアースツアー”という名で、
1/3は海外、1/3は国内を巡ります。
県内に来てくれるのも何年かに一度ほど、
ましてや、いわきに来るなどというのは何年ぶりのことでしょうか。
以前いわき公演があったのは10年くらい前かもしれません
その時は、鼓童という名前は知ってはいたものの、
実際の演奏を聴いたことはなく、見上げるほどの大太鼓を打つんだよな、ぐらいの知識しかありませんでした。

私は実際に演奏することはナイけれど、太鼓好き。
母も私に輪をかけて太鼓好き。
ナゼかというと、母方の祖父母の出身地では秋口に神社の大祭があるのですが、
そのお祭りでは提灯をたくさんつけた太鼓台を町中引き回す、という風習があるのです。
太鼓台というくらいなので、太鼓を叩く人が乗っています。
その他にも笛を吹く人、鉦を叩く人なども乗り、
道の状況に応じて曲を使い分けて太鼓台の指揮を取ります。
母方の祖父は太鼓の名手でした。
なので、母や私の太鼓好きは“血”だと思っています。
そんな太鼓好きの私たち親子が鼓童に興味がないはずもなく。
初めて行った公演では、文字通り魂を奪われて、すっかりファンになって帰ってきました。
一時期、とてもハマっていた私は、
鼓童の活動拠点である佐渡で年に一度行われる、
鼓童が主催する“アースセレブレーション”という催しに参加したこともあります。
今もダイスキな気持ちは変わらないですが

今回は母と、鼓童デビュゥの夫と3人で行ってきました。
しかも、席が前から3番目という、カナリ前
プレイヤーと目が合っちゃうよ、とチョットどきどき。
前回の公演ではカナリ厳かなカンジのステージだったのだけれど、
今回は賑やかな曲やコミカルな曲、難曲もあり、そしてスタンダードな曲、と盛りだくさん。
すごくお得感のある公演だった気がします。
モチロン、圧巻の大太鼓もありました。

どれだけ練習したらこんなにぴったりと合うことができるのだろう、とも。
大太鼓では、筋肉の躍動、息遣いまでもが全て伝わってきます。
太鼓は生まれる前にお母さんの鼓動の音やその振動に似ているから
本能的に好きだとも言いますね。
音楽の始まりは木や何かを叩くことから始まったのだとも。
太鼓を叩くというだけで、こんなに人を感動できるなんて。
これだから鼓童はやめられない。

<< ブームなの? | ホーム | 教わる側の礼儀 >>


コメント

「鼓童」は素晴らしいですね。
魂があつくなります。

まさに「鼓童」よ永遠に・・・。

>通りすがりサマ

コメントをありがとうございます。

本当に鼓童はスバラシイです。
伝わってくるものが違います。
あのストイックさが堪りません。

鼓童、バンザイです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP