プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お正月は下町で

今年のお正月は、実家の母を連れて柴又~スカイツリー~浅草へと行って来ました。
もともとは地元の旅行会社の日帰り旅行に申し込んでいたのですが、
企画が地味すぎたのか、参加人数が集まらず・・・
どうしても行きたい、と母が珍しく言うので、
冷え込みの厳しい5日の朝早くいわきを出発。

東京に着いてから、イチバンに向かったのは
柴又帝釈天
帝釈天
『寅さん』の映画でもおなじみ、柴又帝釈天。
日蓮宗のお寺です。
ちょうどこの日は今年最初の“庚申の日”の日に当たっていて、朝からスゴイ人出。
さらに、葛飾区ではしご乗りの実演があるとかで、母はそれが目当てだったらしい。
ただ、着いたのがあんまりにも早くて、一応一回りして時間をつぶしたりしていたのですが、
結構、こじんまりしているため、すぐに行く所がなくなり・・・
参道の飴屋さんの実演を見たり、名物の草団子を食べて過ごしているうちに
だんだんと人が増え始め、狭い参道が大混雑に。
さらに、はしご乗りの事を尋ねても、詳しく知っている人は誰もおらず・・・
母も、「もう、いい」と言い始めたため、
早めの昼食を取って移動することに。

大和家
大和家
並天丼
佐藤蛾次郎さんも時々顔を出すという、天ぷら。おでん、草団子を売るお店。
私たちが食べたのはエビ、白身魚、しし唐が乗って998円(お新香付)。
思っていたよりもたくさんかかっているタレは私達好みのしっかり甘め。
天ぷらはごま油の香りがして、さっくり。
美味しかったです。
寅さん
駅前に立つ寅さんの像
柴又をそっと振り返るように立っています。
オジサマ、オバサマがたくさん写真を撮っていました

次に向かうは最近の新名所 東京スカイツリー
押上の駅を降りて、後ろを振り返ると、聳え立つ、スカイツリー。
業平の方へ向かって行くに従って、撮影ポイントが増え、カメラを構える人も増加。
私と夫もカメラを手に上ばかりを見上げてしまいました。
スカイツリー全貌 スカイツリー
現在の高さ539m
完成したら脚の部分を覆い隠してしまうという、商業ビルも並行して建設中。
母も感心しきり。

次の向かうは定番の浅草。
残念ながら画像はナシ。
報道で知ってはいたのだけれど、モノスゴイ人。
はぐれないように歩くのにも精一杯、仲見世もチラ見だけ。
お参りするのにも一苦労。
それなのに、引いたおみくじはやっぱり 
しかも、私だけ
夫や母や末吉や吉。3割が凶だとは知ってはいるけれど、なんだかな・・・
歩き疲れたので、チョット一息。
純喫茶 マウンテン
マウンテン
クリームあんみつ
レスリングの浜口京子さんも訪れるというお店。
たっぷり乗ったアイスがスゴイ。
冷えた体を温めようと入ったのに、ナゼかアイスをたくさん食べてしまいました
もうこれだけでオナカがいっぱい
そしてオミヤゲはやっぱり、コレ。
木村家の人形焼
はと人形焼

強行軍であちこち行ったので、母が心配でしたが、楽しかったとのことでヨカッタ=3
それでも、私が子供の頃、東京へ来た時は
独身の頃を東京で過ごした母が全てを仕切ってアッチだ、コッチだとやっていたのに、
今回はおとなしく着いてくるだけ。
子供の頃の母と比べると、どうしても
なんだろ、疲れたのかな、とか、ツマンナイのかな、とか心配したりもして。
それだけ、母も年を取ってきたということでしょうか。
次の日に感想を聞いてみると「お任せしてたから口出ししなかった」とのことでしたが・・・
ちょっとしみじみもしたりした東京日帰りの旅でした。

<< 多忙のお寺 | ホーム | 疾走するお正月 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。